レディースタイプができるまで

 
こちらのページでは、長財布一つあたりダイヤモンドパイソン(錦蛇)革を、ほぼ丸々一匹分(カロングに換算すると3〜4匹分に相当。)使用して製作されているRe-Bone special 長財布/レディースタイプができるまでを紹介させていただきます。

 


 
まずたたき台として選んだのが、今から数年前に弊社女性陣が女性目線でエキゾティックレザーを使った贅沢で使い勝手の良いお財布を、それぞれが意見を出し合って、ある職人に製作依頼したものがコチラのお財布です。



そして、そのお財布から多少の改良を加えてエナメルでサンプルを製作してもらいます。





 
金型を作る為の最終確認をこの段階で進めていきます。






全てが決定したら金型を製作依頼して金型の出来上がりを待ちます。

ちなみに、このレディースタイプは27の金型が必要となります。







本物の蛇革を使ってサンプルの最終形へと進みます。

ポケット部分の生地などは、色合いや質感の組み合わせが見たかったので、イメージに近いものを探してみました。






正規品との違いは、ポケット部分の生地が若干薄いところと、それ以外の裏地(正規品はシャンタンモアレですが、サンプルは普通のシャンタンを使用しています)が、それ以外のファスナーなどは正規品と同じ素材で製造されております。






革だけでは、柔らかすぎるので芯材を使用しているのですが厚みと硬さの最終確認をします。

今回はレディースタイプということで、ご縁のある女性専用の通販サイトの女性陣にもご意見を頂戴させていただきました。









そしてかねてからイメージしていたレザーと、それに合わせて用意したファスナーをもとに、それぞれの裏地を用意してレディースタイプの製作に入りました。





そしてレディースタイプとして出来上がった第一号が、こちらのカロング無双3タイプです。


収納機能の充実と、使いやすさと軽量化に特化しながらも、高級感とフォルムにこだわりました。


アウターはもちろん、インナー収納部までエキゾティックレザーを使用しているレディースタイプには

一つの長財布にカロングだと3〜4匹、ダイヤモンドパイソンですと、およそ丸々一匹使用しております。






*型紙の複製品をダイヤモンドパイソン(錦蛇)にあてているところです。

 

レディースタイプのページはコチラ






 
Top